スタッフの役割内容

スタッフの役割内容 晴れて結婚式当日、結婚式場でお二人を支えるスタッフについて知っておきたいことです。受付・フロントは新郎新婦や来場者の案内から式への出欠者管理など一切を執り行います。司会者は挙式の進行、披露宴の進行など雰囲気を盛り上げてくれる重要な役どころです。
介添人は式場内で新婦の衣装などの乱れを直してくれる役目です。美容スタッフは新婦の衣装の着付けからメイクまでをこなす役割を担います。セレモニーサービスは司会者を支える裏方的な役割であり、式当日の結婚式場全体を取り仕切ります。音響・照明の切り替えなどを誘導したりスクリーンへ映像東映などの演出、食事の配膳から式場全般の演出、結婚式を華やかに彩るお花やテーブル装花、ブーケなどの準備も担当します。
フォトグラファー(カメラマン)は前撮りから式当日の写真・映像記録までを担当します。調理担当(シェフ)は来客者へのおもてなしメニューの考案と料理の説明、調理パフォーマンス・演出などを担います。

結婚式場までのアクセス方法は必ずチェックする

結婚式場までのアクセス方法は必ずチェックする 結婚式を挙げるカップルにってとって大きなイベントのため、思い出になるようにしっかり準備して成功させる事が大切になります。準備するために数ヵ月前から準備する事が多く、中には1年前から準備を進めるというケースもあります。新郎新婦それぞれのこだわりや希望を踏まえながら、結婚式場を選ぶ必要がありますが同時にゲストへの配慮もポイントです。
結婚式場は式全体の雰囲気を決める場所となるので、こだわりをもって選ぶカップルが多くいます。ただし同時に場所によっては場所に行くまでに様々な移動手段を考える必要も出てきます。
自分達だけの事を考えるのではなく、招待するゲストの式場までのアクセス方法もしっかりチェックして考慮する事が大切です。最寄駅から送迎があるのかどうかや、バスなど移動する負担を考慮するようにします。特に招待客の中には年配の方も多いのであれば、アクセス方法だけでなく式場内がバリアフリーなのかどうかもチェックする事が大切です。